IMG_4568

『魔術』芥川龍之介 原作
塚本高史 主演

「わたし」婆羅門の秘法を学んだ魔術師の家を訪ねる。
「わたしは」魔術を教えてほしいと頼む。
まず欲を捨てなくてはなければならない、とわれる。
一ヶ月ほど経って、「わたしは」友人達の前で魔術を披露する。
金貨がざくざく・・お金の欲はなかった。でも・・・・
欲を捨て切れていないことを思い知らされるのだった。


人のために、というのも欲なのか?
魔術を身につけたのに、欲を捨てるって・・・


この短編を知りませんでした。奥が深いんですね。

次は何を見ようかしら

  



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ